ジャニーズは今後どうなる?タレントへの影響や倒産に名前変更の可能性も調査!

創業者ジャニー喜多川氏の性加害問題で揺れるジャニーズ事務所。

9月7日に新社長となる東山紀之さんをはじめ、藤島ジョリー景子さん・元V6の井ノ原快彦さんが出席し会見が行われましたが、まだまだジャニーズは厳しい状態が続いています。

これだけ大きな問題になってくると気になるのがジャニーズの今後やタレントたちへの影響ですよね。

少なからず各タレントに影響が出ると考えられます。

なので今回はジャニーズの今後はどうなるのか?そして所属タレントたちへの影響などをまとめていきます!

この記事でわかること

・ジャニーズ事務所の今後はどうなる?
・ジャニーズ所属タレントへの影響は?
・ジャニーズ倒産の可能性は?
・ジャニーズ社名変更の可能性は?

目次

ジャニーズ事務所は今後どうなる?

ジャニーズ事務所は今後も今までと同じように活動していくものと思われます!

ただ、今までと同じように活動することができるのかは非常に微妙だと思われます。

ジャニー喜多川氏の問題で揺れているジャニーズ事務所。

そんなジャニーズ事務所は9月7日(木)に会見を行いました。

そこでジャニーズのタレントだった東山紀之さんが新社長になることが発表されました。

同族経営の弊害への風当たりも強かったことから今回の社長交代劇となったと思われます。

しかし、まだまだジャニーズ事務所への世間からの風当たりは強いものです。

世間からはジャニーズタレントを見たくないなどの声も上がっており、その中で次々と大手企業がジャニーズタレントのCM起用を控える動きが出ています。

今まで数多くの企業のCMに出演してきたジャニーズタレントたち。

しかし、今回の一連の報道でCM契約できないとなると事務所的にもタレントの露出度や収入面でマイナスに働くと思われます。

さらにNHKもジャニーズタレントの起用を控えるようなコメントを出していました。

ジャニーズ事務所に所属するタレントの起用についても見直すべきだとのご指摘を受けています。NHKでは、出演者の起用については、番組の内容や演出に合わせて、ふさわしい人を選定してきましたが、今後は、所属事務所の人権を尊重する姿勢なども考慮して、出演者の起用を検討したいと考えております。

NHK NEWS

民放に関しては今まで通り起用が続くと思われますが、今後のキャスティングで少なからず影響は出てきそうですね。

今後、事務所が正しい道を歩みはじめない限りジャニーズ事務所にとっては茨の道を進むこととなりそうです。

ジャニーズ所属タレントへの影響は?

現在ジャニーズに所属しているタレントへの影響もかなり多くあると思われます。

まずなんといってもメディア露出が減ることが考えられます。

ジャニーズ事務所の会見後、様々な大手企業がジャニーズ所属タレントのCM起用を見送るという発表をしています。

やはりCMは企業イメージもあることなので、現在の状況ではジャニーズ事務所のタレントを起用することはイメージアップに繋がらないと判断してのことだと思われます。

現在ジャニーズ所属タレントたちは多くのCMに出演しており、その全てと言わなくとも多くのCMからジャニーズタレントが消えてしまう可能性が考えられます。

さらにテレビ局でのジャニーズタレントの起用にも慎重になる可能性が考えられます。

すでにNHKはジャニーズタレントの起用について検討していくと発表しており、NHKにジャニーズタレントが起用されるのはかなり少なくなると思われます。

そうなった時に一番影響があるのが紅白歌合戦です!

今までジャニーズグループは数多く紅白歌合戦に出演してきましたが、今回の決定で紅白歌合戦に出場するジャニーズアーティストが0になる可能性も考えられます。

これはかなりの大打撃だと考えられます。

現在民放各局はジャニーズタレントの起用に対して「これまで通り」と発表していますが、今後のジャニーズ事務所の動き次第では民放各局もジャニーズタレントの起用を控える可能性も考えられます。

なので、ジャニーズ所属タレントたちは岐路に立たされているといってもいいと思われます。

ジャニーズ事務所の倒産の可能性

ジャニーズ事務所が倒産する可能性は極めて低いと思われます。

ジャニーズ事務所は芸能事務所として運営されているので、タレントたちの出演料などで利益を上げています。

今回のジャニー喜多川氏の報道を受けてCM起用や番組起用が減ることは避けられなさそうということもあり、事務所としての大きな収入減は避けられないと思われます。

しかし、ジャニーズが他の事務所と違う点として挙げられるのがファンクラブでの収益がかなりあります。

ファンクラブの会費やグッズの売り上げ、ライブ収益などを考えるとジャニーズ事務所が倒産する可能性はかなり低いと思われます。

ただ、同族経営や現在抱えている問題を解決しない限り今後テレビ出演やCM起用などが徐々に減っていくと考えられます。

それが長く続いてしまった時には倒産という言葉も出てくる可能性は0ではないと思われます。

ジャニーズ事務所は名前変更するのか?

ジャニーズ事務所は名前を変更せずに今後も続けていくと会見で発表されました!

9月7日に行われた会見で新社長に就任した東山紀之さんは社名を変更しない意向を明らかにしました。

東山氏は名称変更について、社内で議論したことを認めた上で、「これだけの犯罪ですから、引き続き守るべきなのか、いろんな解釈があった」ことを明かした。

その上で「ジャニーズというのは創業者の名前でもあり、初代グループでもある。何より大事なのは、これまでタレントさんがってきたエネルギー、プライドだと思うので、その表現のひとつでもいいんじゃないかと思う」と強調。名称変更に慎重な姿勢を打ち出した。

東京新聞

このように今までのタレントたちの培ってきたものがあると語り、名前変更には慎重な意見を示しています。

ただ、同じ会見内で会見に同席した井ノ原快彦さんは事務所名変更の可能性があることも語っていました。

会見終盤には、元V6の井ノ原快彦氏が「犯罪者の名前、ということについてはこれからも考えていかなければならないと思っている」と指摘。「みんなで時間をかけて、変えるなら変える。変えないなら変えない。しっかりみんなの了解を得ていく」と、名称変更の可能性を示唆した。

これを受け、東山氏も、社名変更を検討する余地は「ある」と認めた。

東京新聞

なので、絶対にジャニーズ事務所という名前が変わらないというわけではなく、変わる可能性もあるようです。

ただ、しばらくは現在のジャニーズ事務所という名前で活動を進めていくと思われます。

まとめ

今回はジャニーズの今後はどうなるのか?そして所属タレントたちへの影響などをまとめてきました!

CMをはじめNHKなどがジャニーズタレントの起用に慎重になるようなので、かなりタレント活動として影響が出てきそうですね。

事務所の倒産の可能性は低いですが、迅速に企業イメージ回復や問題解決などが必要になりそうです。

現在所属しているタレントたちに非はないので所属タレントたちにはこれからも頑張ってもらいたいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次