【バスケ】アカツキジャパンで活躍が期待される注目選手は?ポジション別に紹介

バスケットボール日本代表、通称「アカツキジャパン」は、国内外での競技力向上とともに、注目の選手たちが次々と台頭しています。各ポジションには、それぞれのプレイスタイルと特技を活かしてチームに貢献する選手が揃っており、パリオリンピックでの活躍も期待されています。本記事では、アカツキジャパンの注目選手をポジション別に紹介し、彼らの特徴や強みについて詳しく解説します。

目次

スモールフォワード(SF)

スモールフォワードは、チームのエースであることが多く、そのプレーに注目が集まります。特に3Pシュートの精度が高い選手が多いため、注目選手の情報をチェックし、スポーツベット オッズが有利な方に賭けてみるのも一つの楽しみ方です!

吉井 裕鷹

アルバルク東京ではベンチにいる時間が多かった彼ですが、ホーバスHCがその才能を見出し、2年前のアジア予選で日本代表としてデビューしました。SFとして登録されていますが、PFも守れる強さが魅力です。彼は強いフィジカルを活かしたディフェンスが持ち味で、攻撃面ではドライブからのダンクでチームを鼓舞します。3Pシュートの成功率も高く評価されています。

生年月日1998年6月4日(26歳)
身長196㎝
体重94㎏
出身地大阪府
ポジションSF・SG

ポイントガード(PG)

アウトサイドでのプレーが主となっており、敵のディフェンスを引きつけつつ、ゴールへと走り込んだり、味方のプレーを妨げないようにスペースを空ける役割を持っているポジションです。

河村 勇輝

河村勇輝は、172cmと小柄ながらも、圧倒的なスピードを活かした速攻が武器です。ディフェンスでは、大柄な選手にも果敢に挑み、相手からターンオーバーを誘発する粘り強いディフェンスも彼の特徴です。去年の国際強化試合でスロベニアと対戦した際、201cmのNBAスター選手であるルカ・ドンチッチとマッチアップし、見事なパフォーマンスを披露した選手でもあります。

生年月日2001年5月2日(23歳)
身長172㎝
体重72㎏
出身地山口県
ポジションPG

シューティングガード(SG)

このポジションには、シュートやドライブが得意で、高い得点力を持つ選手が配置されることが多いです。

富永 啓生

富永啓生は「和製ステフィン・カリー」と称され、長距離からの3ポイントで相手の意表を突きます。NBA入りを目指してアメリカのネブラスカ大学でプレーしていましたが、今年の5月に大学を卒業し、今月帰国したことで注目を集めています。A代表デビューを果たしたときは、アジアカップのオーストラリア戦でディープスリーを含む33得点を記録し、衝撃的なパフォーマンスを披露しました。

生年月日2001年2月1日(23歳)
身長188㎝
体重81㎏
出身地愛知県
ポジションSG

パワーフォワード(PF)

主にペイントエリアでのプレーが中心となっており、相手ディフェンスとの激しい競り合いやリバウンドの確保が求められるポジションですので、得点をよく決める選手が多いです。

井上 宗一郎

優れた3ポイントシュートの才能が評価され、2022年夏にA代表に初選出されました。ワールドカップ・アジア地区予選の8試合で3ポイント成功率は38.2%を記録し、2022年7月のアジアカップでは成功率50%の輝かしい成績を収め、注目されました。

生年月日1999年5月7日(25歳)
身長201㎝
体重105㎏
出身地東京都
ポジションPF

センター(C)

センターは「大黒柱」とも称され、チームの勝敗を左右する重要なポジションです。ゴール下での支配力を持つセンターがいることで、試合の流れが悪くなりそうな時でも相手にペースを渡さず、チームを勝利に導くことができます。

ジョシュ・ホーキンソン

2023年2月に日本国籍を取得しており、日本代表の中で最も身長がある208cmのCですが、PFとしても活躍されています。高身長を生かしてインサイドとアウトサイドの両方で攻撃ができるオールラウンダーです。ビッグマンとしての役割を果たしながらも、3ポイントシュートも得意とし、チームメイトを見極めてパスを出す判断力にも長けています。

生年月日1995年6月23日(29歳)
身長208㎝
体重106㎏
出身地アメリカ・ワシントン州
ポジションC・PF

まとめ

アカツキジャパンには、この他にも多くの才能溢れる選手たちが活躍しています。彼らの成果が日本のバスケットボール界に希望を与え、国際舞台での成功を目指す原動力となっています。今後も彼らの活躍を見逃さず、日本代表を熱く応援しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次