古賀紗理那の幼少期が可愛い!生い立ちや兄弟に家族構成も調査!

現在、女子バレー日本代表の主将を務めている古賀紗理那選手

西田有志選手との結婚も発表しており、さらなる活躍が期待されています。

今回はそんな古賀紗理那選手の幼少期や家族構成についてまとめていきます!

この記事でわかること

・古賀紗理那選手の幼少期
・古賀紗理那選手の生い立ち
・古賀紗理那選手の家族構成

目次

古賀紗理那の可愛すぎる幼少期画像

まずは古賀紗理那選手のプロフィールから見ていきましょう。

名前:古賀紗理那 (こが さりな)

コートネーム:サリナ

生年月日:1996年5月21日

年齢:26歳

出身地:熊本県

身長:180cm

体重:66kg

血液型:B型

所属チーム:NECレッドロケッツ(2015〜)

出身校:熊本信愛女学院高校

デビュー:2015年(NECレッドロケッツ)

背番号:2

ポジション:OH(アウトサイドヒッター)

です。

古賀紗理那選手は可愛らしい選手として知られていますが、その可愛さは幼少期からだったようです!

そんな古賀紗理那選手の幼少期の画像を探してみたものの、高校生時代のものしかありませんでした。

なので、熊本信愛女学院高校時代の古賀紗理那さんの画像を見ていきましょう。

今よりも幼く、可愛らしさがありますね!

古賀紗理那の生い立ちや幼少期の性格

古賀紗理那選手は2人姉妹の次女として佐賀県に生まれました。

古賀紗理那選手の出身地は熊本県になっていますが、生まれたのは正確には佐賀県神埼郡出身です。

小学生以前までは佐賀県で生活していましたが、父親の転勤をきっかけに熊本県に引っ越します。

熊本県に引っ越しをした古賀紗理那選手は小学校2年生の時にママさんバレーをしていた母親の影響でバレーを始めます。

バレーを始めた当初は地元の一般的なバレーボールチームに所属しました。

そんな中、バレーボール大会で「大津ジュニアバレーボールクラブ」と対戦することになりました。

その試合で圧倒的な結果で負けてしまった古賀紗理那選手は自らの意思で「大津ジュニアバレーボールクラブ」に移籍することを決めます。

厳しい練習を耐え抜いた古賀紗理那選手は見事小学5年・6年生の頃に全国大会にも出場しています!

小学生の頃から自らの成長を求めて強豪チームに移籍するなんてすごいですね。

中学生になると、地元の大津中学校に進学します。

中学生の時にも3年生の時に全国大会に出場し、チームは3位に、自らも優秀選手に選ばれるなど当時から圧倒的な成績を残しています!

古賀紗理那の幼少期の性格は?

古賀紗理那選手は幼少期から負けず嫌いだったと思われます。

小学生であれば楽しくバレーをすることを選びがちですが、当時から成長のために強豪チームに移籍をしたりと、周りに負けたくない気持ちがあったのだと思います。

古賀紗理那選手がそんな性格だったのは姉の存在が大きかったと思います。

2歳上の姉がいたことで、「お姉ちゃんに負けたくない」という気持ちが当時からあり、それが競争心と負けず嫌いな性格につながったのだと思います。

そんな幼少期の性格が今の古賀紗理那選手を作っていると言っても過言ではありませんね!

古賀紗理那の兄弟に両親の家族構成

古賀紗理那選手は父・母・姉の4人家族です。

父は裕正さんで、佐賀県出身の方です。

子供の頃は野球少年だったようで、運動神経は良さそうですね!

父親は古賀紗理那選手にとって良い相談相手のようで、幼い頃から練習で行き詰まると父親に相談していたようです。

バレー経験はないものの、スポーツの世界に身を置いていたものとして最大限のアドバイスしてくれるから頼りがいがあったのだと思います。

母は博枝さんで、佐賀県出身です。

母親はバレー経験者のようで、中学・高校とバレーに打ち込んでいました。

古賀紗理那選手をバレーの世界に引き込んだのは母親の影響が大きかったようですね!

姉は麗那さんで古賀紗理那選手とは2歳差です。

麗那さんもバレーをしており、古賀紗理那選手と同じ熊本信愛女学院高校でプレーしていました。

1年間ながら2人で同じ高校でプレーしたなんてすごいですね!

当時は古賀姉妹で「ツインタワー」と呼ばれており、有名だったみたいです。

姉妹ならではの息のあったプレーもしていたかもしれませんね!

古賀紗理那の両親もバレーボール選手だった?

古賀紗理那選手の両親はバレーボール選手ではありませんでしたが、母親は学生時代バレーをプレーしていた経験がありました。

古賀紗理那選手の母親は中学・高校とバレーボール部に所属していたようで、高校時代には春高バレー(全国大会)出場を目指していたようでしたが、一度も出場できなかったようです。

社会人になってからはママさんバレーに参加し、趣味としてバレーを続けているようです。

夢が叶わなった母は

「女の子が生まれたらバレーをさせたい」

と思っていたようで、実際に古賀紗理那選手や姉・麗那さんをママさんバレーに連れていっていました。

その影響もあって古賀紗理那選手はバレーを始め、春高バレー出場も果たし、今では日本代表のエースとしてプレーしています。

古賀紗理那選手は母親の夢以上の活躍を見せて、親孝行していますね!

まとめ

今回は古賀紗理那選手の幼少期や家族構成についてまとめてきました。

古賀紗理那選手は幼少期から上を目指している根っからのアスリートのようでした!

これからも日本代表の主将として、もっと活躍してもらいたいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次